FX失敗トレード考察23 ヒゲが多く落ち着きのないチャートの中で【正攻法で負けないFX】

FX失敗トレード考察23 ヒゲが多く落ち着きのないチャートの中で【正攻法で負けないFX】

━━━━━━━━━━━━━━━
失敗トレードには大きな意味合いがあります。
ここをしっかりと振り返るか否かで、後のトレードスキルに雲泥の差が出るものと思ってください。
日々の検証とバックテストは自分を大きく成長させてくれます。
━━━━━━━━━━━━━━━
以下、Sさんから送っていただいたエントリー

↓ ↓ ↓
『エントリー日誌』

2016-07-14 木曜日 15:00

【通貨ペア:ユーロドル1H足:売り: 結果   -18pips】

■エントリーの根拠

・1.101〜1.111のレンジ。レンジ上限からの下降を狙った売りエントリー。

【利確】
利確ライン設定せず(1.106付近目標)

【損切】
17(1.111の水平線の上・直近の高値ヒゲのチョイ上)

━━━━━━━
結果から自分のトレードを振り返ってみて、、、
━━━━━━━

負けトレード。

根拠が弱かった。

4H足レベルで1.1018~1.117付近のレンジと見てとれる。

っとすれば、レンジ中ほどの中途半端な位置でのエントリーになっている。

長期足から、若しくは超長期足から全体の流れを把握していかないと同じようなミスをすることになる。

反省トレード。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※のりまるコメント

■上位足で見て「ヒゲが長く」落ち着きのないチャートになっていたので難しい場面だった。

■1.115をレジスタンスとして見ていけると、ここまで引きつけてからエントリーを考えたほうがより良いエントリーにつながったか。
→やや中途半端な部分でのエントリーになった。

■直前までの動きを見ても、持ち合いの様相が見て取れるので
この部分をどちらかに抜けるまで我慢できると良かった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~