FX失敗トレード考察21 動きが少なくなりつつある中でのエントリーで、、、【正攻法で負けないFX】

FX失敗トレード考察21 動きが少なくなりつつある中でのエントリーで、、、【正攻法で負けないFX】

━━━━━━━━━━━━━━━
失敗トレードには大きな意味合いがあります。
ここをしっかりと振り返るか否かで、後のトレードスキルに雲泥の差が出るものと思ってください。
日々の検証とバックテストは自分を大きく成長させてくれます。
━━━━━━━━━━━━━━━
以下、SBさんから送っていただいたエントリー

↓ ↓ ↓
『エントリー日誌』

6月 18日 木曜日

【通貨ペア、買いor売り、結果】
オジ円、売り、-15.6p

◼︎エントリーの根拠
→大きな波の61.8%から戻り売りを狙う。フラッグ抜け戻り売り。

【利確】 76.796

【損切】 77.122

━━━━
→オジ円は安値を切り下げているので、安値を目指す動きを想定したが…
もう少し長い足で方向性をだしてからついていくべきだったか…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※のりまるのコメント

・長期足で確認すると見えてくると思いますが、、、ここは動きがなくなっている部分でのエントリーでしたね。
→下からの買いと上位足の戻り売りが交錯している(戦っている)部分。動きがない。レンジ。
ここから決着がついてエントリーするのがベストでしたね。
短期足で見るといろいろな【形】が見えてくるものですが、
エントリーの際には必ず、長期足→短期足とみていくようにしたいですね。

・斜め線はどうしても根拠として弱くなりがちなので、基本の水平線でしっかりとした目安を付けていくのが良いと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━