FX失敗トレード考察15 時間足による波のサイズに注意して、、、【正攻法で負けないFX】

FX失敗トレード考察15 時間足による波のサイズに注意して、、、【正攻法で負けないFX】

━━━━━━━━━━━━━━━
失敗トレードには大きな意味合いがあります。
ここをしっかりと振り返るか否かで、後のトレードスキルに雲泥の差が出るものと思ってください。
日々の検証とバックテストは自分を大きく成長させてくれます。
━━━━━━━━━━━━━━━
以下、Kさんから送っていただいたエントリー

↓ ↓ ↓

2016.4.12

『エントリー日誌』

4月14日 木曜日 11:00 30分足

【通貨ペア、ユーロドル売り、結果-20pips】

◼︎エントリーの根拠
→ 1.134から1.146のレンジ下限を大きく下回り、一度1.127で水平線を形成し揉んだ後に下に方向性を見せた矢印の1.1265で売りエントリー。

【利確】1.1220
1.1217に次の目標があったため、その少し上

【損切】1.1285
直近の高値の少し上

━━━━━━━
結果から自分のトレードを振り返ってみて、、、
━━━━━━━
→ かなり長い期間のレンジを突破したため、大きく売り方向とみて、揉んだあとの陰線でエントリー。
次の目標がかなり下にあったため、損小利大のエントリーと思ったが。
しばらくした後の髭つきの陽線で損切られ、その後は同値付近で長期のもみ合いに。
ご教示いただけますでしょう

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※のりまるコメント

長期足でチャートを観察していた場合には、、、
まずその見ていた足でのチャート観察をしていきたいですね。

そのなかで、エントリーのタイミングをはかるのに、見ている足よりも短い時間足を使っていく。

この流れは守っていくのが良いですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※関連動画

FXチャートにおける時間足と波のサイズ【正攻法で負けないFX】