【FXについての素朴な疑問、質問 vol.5 1ドルの1pipsって日本円でいくら?他】

■FXについての素朴な疑問、質問 vol.5

・1ドルの1pipsって日本円でいくら?
0.0001ドル=1pips

ドル円レートが、
1ドル111円のとき、1pips=0.0111円
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・アプリ使い方「注文決済」
ヒロセ通商アプリを例に。

■MT4でもトレードを踏まえた注文の流れ
クイック注文「売りor買い」

ポジション一覧

自分の注文項目欄で右クリック
(スマホアプリも同様)

指値・逆指値クリック

指定項目へそれぞれ数値入力

注文一覧にて、注文されていることを確認

完了!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連項目
【リアルトレードを行うにあたって】

・レバレッジ

(通貨ペアのレート×取引数量) ÷ 口座の預け入れ金額

FX会社によって多少違う部分がありますが、
計算方法としてはこれで出しますφ(..)

例、ドル円120円。
口座の金額70万。
レバレッジは10倍(このぐらいが適正です。最大で25倍までかけられます。)

これで計算すると、、、

58333.333=58通貨=取引数量に58と入力(ヒロセ通称なら1000通貨=1つの単位)

ということになります。

(マックスレバレッジ25倍なら、145833.333=145通貨)

口座資金に対する、1回の取り引きに使用する資金の割り合いですね。

最大でレバレッジ25倍なので、それ以上になると「必要証拠金不足」とでます。

今の資金の時に
→何ロットで何倍か?

※このレバレッジは、高くすればするほど勝率が大事になって来る部分です。

初めは小レバレッジでスタートし、徐々に上げて行くのがベスト。
最大で25倍のレバレッジをかけることが出来ますが、レバレッジは10倍程度が適正ではあります。
→ザックリと10万円分の資金で100万円分の取り引きが出来ると言うこと。

リアルトレードに入る前にヒロセ通商のデモ取り引きなどでザックリと把握しておくのが良いですね!

実際に動く数字は、

・獲得したpips数×取り引き数量

と言うことになります。

━━━━━━━
例題の式の解説
━━━━━━━
・知りたいのは、1回分の取り引きの中で
幾ら使うのが適正か?と言うこと。
=取り引き数量

レバレッジ、10(倍)
→このぐらいが適正

取り引き数量(知りたい数値)
→X

(120 × X )÷ 700000 = レバレッジ10倍

120X = 7000000

X(取り引き数量)= 58333.333

以前のノート
「【超大事な資金管理法】総資金の1~5%ぐらいを運用するのが適切」
も見直してみて下さいm(__)m

実際には、資金70万対して1回分の取り引き数量が58333円(レバレッジ10倍)だとすると、

総資金に対する割り合いは8%ぐらいになり、少し多い(5%を超えている)為に

より高い勝率が求められる事にはなります。

→資金が少なければ少ないほど高い勝率が必要。
→資金が多いと色々な意味で有利に。

これはある意味仕方のない部分で、、、

初心者のうちは、焦らずジックリと勝率の高い部分しっかりと選んで歩くのが重要になってきますm(__)m

要は、しっかりと資金管理をしていれば

レバレッジは対した問題ではないと言うことですm(__)m

「レバレッジ、レバレッジ、レバレッジ、、、」

と考えると、

倍率ドンッ!!

みたいなイメージがあるんですよね、あたくし。

ギャンブル的な思考は、一切排除するのが良いのでm(__)m