FX失敗トレード考察14 目線を固定したら利確と損切りには余裕を持つようにする【正攻法で負けないFX】

FX失敗トレード考察14 目線を固定したら利確と損切りには余裕を持つようにする【正攻法で負けないFX】

━━━━━━━━━━━━━━━
失敗トレードには大きな意味合いがあります。
ここをしっかりと振り返るか否かで、後のトレードスキルに雲泥の差が出るものと思ってください。
日々の検証とバックテストは自分を大きく成長させてくれます。
━━━━━━━━━━━━━━━
以下、Sさんから送っていただいたエントリー

↓ ↓ ↓

2016.4.12

AUD/JPY 買い -18pips

下降トレンドから戻し61.8%も越えて、
レジスタンスになってた82.5付近を1H足単位で抜けたとこで(足が確定してから)エントリー。
逆三尊っぽい形も根拠の後押し。

利確 82.780 (キリ番の少し下)
損切り 82.430 (ラインの少し下)

1:1のエントリー。長期間足では目線は下なので細かく。

~~~~~~~~~~~~~

エントリーの根拠、形は悪くなかったと思いますが、、、

やっぱもう少し待つべきだったしょうか?
また損切りポイントはどうだったでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※のりまるコメント

失敗エントリー13からチャートを見ていると、ここでも買いでのエントリーに優位性がある場面なので目線としては良いですよね。

FX失敗トレード考察13 強いトレンドの後に入る戻り注意【正攻法で負けないFX】

注目したかったのは、
・82.4をレジスタンスしていった強いローソク足を作った押し目部分。
今回の部分でのエントリーならば、ここの安値の少し下82.2付近に損切りをおいていくほうが気持ちにゆとりを持ったエントリーになったはずです。

もしくは、ここをもう少し短期足でエントリーのタイミングをはかっていく。

そうすることでもっとバランスの良いエントリーになったはずです。

もちろん「ダブルボトム~波の転換」からの円エントリーがベスト。
その先では、82.4からのレジサポに注目すると良かったと思います。

【チャートの左に利確目標があるときにはそこまで取るエントリーにするのが望ましいです。損小利大】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~